低料金で気軽に使えるインターネットFAXを徹底比較

今やスマホやPCでFAXを送受信する時代になりました。
電話回線やFAX専用機が必要な従来のFAXと比較して、以下の点が優れています。

→いつものメール感覚でFAXができる。わずらわしい操作が不要!
→インターネット回線経由で通信するので外出先でも送受信OK!
→従来のFAXのように紙を必要としないので、コストを大幅に削減できる!

本サイトでは、数あるインターネットFAXの中でも、低コストで機能が豊富なサービスに焦点を絞って、比較・紹介をしていきます。

 

サイト管理人の紹介

本サイトを管理・運営しているBoo太郎と申します。
ファックス歴は25年、インターネットFAX歴は20年のFAXマニアです。
私の経験を生かして、みなさんのお役に立つ情報を更新していきたいと思います。

インターネットFAXの中には無料で送受信ができるものもありますので、電話回線依存のFAXから卒業したい方、FAXコストを抑えたい方はぜひご覧ください。

 

インターネットFAXとは何か

インターネットFAXとは名前のとおり、インターネット回線を利用したFAXサービスの事です。
FAXと言えば電話回線につないで使うもの、会社であればコピー機に付加した機能というのが一般的です。
従来のFAXが今でも根強く残っており、多くの方が利用されているので、ネットFAXを知らない方も多いと思います。
みなさんはご存知でしたか?
でも、インターネットFAXの歴史は意外に古く、日本でも2000年頃からサービスが開始されていました。

従来のファックスは、FAX専用機を端末として使い、電話回線を経由して通信を行うものでした。
一方、インターネットファックスは、PCやスマホ・タブレットなどを使って、インターネット経由で通信を行うものです。
「それってもはやファックスじゃないのでは・・・」と思う方もおられると思います。
そうなんです。
まさにインターネット時代の需要に応えるべく作られたのが、インターネットFAXなんです。

 

従来のFAXとどこが違うのか

では、従来のFAXとインターネットFAXではどこが違うのでしょうか。

もっとも違うのは通信を経由する回線が、従来のFAXは電話回線であることに対し、インターネットFAXはインターネット回線を経由するということです。
従来のFAX番号というのは、基本的に固定の電話回線に紐づけられますので、「FAX番号に送信してもらう」ということは「固定の電話回線の場所でしか受信できない」ということを意味していました。
ところがインターネットFAXでは、インターネット回線を経由し、メールアドレス宛に受信情報が配信されますので、自宅でも会社でも出先でも、スマホやノートPCからすぐに受信FAXが確認できます。
昨今のSNSではこんなことは当たり前なのですが、FAX通信の世界ではこの当たり前のことがなかなか実現できずにいました。
つまりインターネットFAXとは、eメールやツイッター、LINEなどのSNSと同様に、FAX通信をどこにいても自由に送受信できる通信媒体の一つへと変化させるものなのです。

受信FAXをメールの一つとして処理できるようになるということは、電話回線の末端に固定されたFAX専用機はもはや必要なくなるということを意味します。
電話回線経由で届いたFAX文書を、内容に関わらず強制的にプリントアウトする、コストの塊のような旧式デバイスはようやくお役御免にすることができます。
時代の流れから言えば、もっと早い段階でFAXもSNSのようなかたちに吸収されるべきだったのでしょうが、あまりにも普及し過ぎたため、遅れてきたのです。
インターネットFAXは時代遅れとなりつつあるFAX通信デバイスを、インターネット社会に適合する形に変換するためのサービスと言えるでしょう。

 

インターネットFAXサービスの紹介

それでは、具体的にインターネットFAXのサービスにはどのようなものがあるのでしょうか。
こちらでは、管理人のBoo太郎がおすすめするインターネットFAXを紹介させていただきます。

eFax(イーファックス)

サービスに定評があるインターネットFAXを格安で使いたい方におすすめなのは、なんといっても「eFax(イーファックス)」です。
eFaxはアメリカのナスダックに上場しているJ2グローバルという会社が提供し、世界に多くのユーザがいるグローバルなクラウドFAX(インターネットFAX)サービスです。
国内では最大手の会社になりますので、ユーザも多く、機能も非常に豊富で、かつ30日間の無料お試し期間までついています。

eFaxについての詳しい解説が気になる方はこちらもどうぞ

eFaxのメリットを5点紹介します

eFaxを選択する具体的なメリットについて紹介します。
eFaxは世界で多く利用されているだけあって、非常に機能が豊富で優秀ですが、ここでは5点に絞って紹介させていただきます。

 

①日本の全47都道府県(主要57都市)の市外局番を選択可能!

efaxが日本の他のインターネットFAXサービスと最も異なる大きなメリットが、この市外局番選択の自由度にあります。

ファックス番号というのは一般的に固定番号で取得することが多く、大抵は会社や自宅の所在地の市外局番で取得するのが普通です。
ところがインターネットFAXサービスの多くは、複数の市外局番をカバーしておらず、050や020、またせいぜい東京03や大阪06などの大都市圏をカバーしているくらいです。

もちろん、eFaxで市外局番を選択した場合、同じエリアからの送信の際は、市外局番を省略して送信することができます。
今は電話料金も昔と比べればかなり安くなりましたが、それでもなじみのある市外局番のFAX番号だと送信するときも安心感があるのは間違いありません。
商売の慣習というのは一朝一夕ではなかなか変わらないので、そういう意味でも自由度の高い市外局番をカバーしているメリットは非常に大きいと思います。

 

②150枚まで送受信が無料!

国内のインターネットFAXを調べると、FAX受信料は無料に設定しているところが多く見受けられます。

一方で送信料については、1枚単位で料金が発生するところがほとんどです。
ところが、eFaxでは月に150枚まではFAX送信料が無料となっています!
月間150枚のFAX送信となると、かなりFAX頻度の高い会社でなければそうそう超えることはないでしょう。
つまりほとんどの会社や個人については、送信料も受信料もほぼかからずに使えるのが実際のところです。
インターネットFAXを比較する際には月額基本料金だけではなく、送受信料も含めて検討することが重要です。


③解約料金や契約の縛りは一切なし!

eFaxは解約に際して、事務手数料や違約金のようなものは一切ありません。
携帯電話会社などでは、よく2年間の縛りや、途中解約者の違約金などが問題になっていますが、eFaxではそういったものはありません。
使ってみたいと思ったら、申し込んだすぐその日から使えるようになり、解約したければいつでもすぐ解約できます。
アメリカの会社が提供しているサービスだけあって、ドライと言えばドライかもしれませんが、ユーザにとっては明朗会計で非常に分かりやすいですね。
ただし、先払いした料金についての払い戻しはありませんので、年払いプランだと払い損をする可能性が高くなります。
現在では年払いプランでも月払いプランでも料金のオトク度に差はありませんので、解約のことを考えると月払いプランがおススメです。


④30日間の無料試用期間が設けられている!

国内のインターネットFAXで、お試し期間が設けられているのはこのeFaxと、同じくj2グローバルが提供するjFaxの2つだけです。
これ以外のインターネットFAXは試用期間がありませんので、最低でも1ヵ月分の月額料金を払って試す必要があります。
インターネットFAXは非常に便利ですが、やはり今までの電話回線を使用したFAX専用機とは勝手が違う部分もあります。
インターネットFAXに移行する場合でも、今までと同じように相手先とFAX送受信ができるか、しっかり試してみる必要がありますよね。
そういう意味でも30日間と長期間のお試し期間を設けているeFaxはオススメできます。
アレコレと悩んでいるよりも、まずは気軽にeFaxでインターネットFAXを試用してみてはいかがですか?
固定電話回線に縛られた旧態依然のFAX通信から解き放たれた新しいビジネスの世界が見えてくることは間違いありません!


⑤専用のスマホアプリでeFaxがさらに便利に!

eFaxでは専用のスマホアプリが用意されています。
もちろん、eメールでFAXの送受信ができますので、スマホ上で動くメールアプリであれば、問題なくFAXを確認することはできます。
でも、専用のアプリがあればもっと高度な使い方も可能になります。
ビジネスでインターネットFAXを活用したい方であれば、出先や出張中でもスマホアプリを活用して、FAX情報をしっかりチェックしましょう!

 

eFaxの口コミ情報はコチラ→eFaxの口コミや申込・解約方法について

eFaxの本格的なレビューや多角的な分析はコチラ→eFaxの評判と感想について徹底調査